時刻補正が付与なタイムレコーダーも在ります

タイムレコーダーは勤怠管理に必要となるOA機器の一つです。
出社時と退社時の2度、タイムレコーダーを利用して、出社時刻、退社時刻の記録を行う事で勤怠管理に必要な時間と言う管理が可能になるわけです。

9時出社の会社と言うのは、9時と言う時刻が記録されている事で出社時間を守っていると言った証明が可能になります。また、8時50分と言う記録が行われていても同じことが言えますが、問題はタイムレコーダーの時刻と言うものが正確な時間を示している事が勤怠管理では必要となってきます。

例えば、3分遅れている場合などでは、9時3分に会社についた場合、9時と言う記録が残り事になり、遅刻と言う扱いを受ける事は在りません。



退社時の場合、6時が定時の会社であれば、5時57分に退社しても、タイムレコーダーの時間は3分進んでいるので6時と言う事になり早退と言う扱いにならなくなり、1日の所定労働時間を満たしている事になります。

実際には3分の遅刻、3分前の退社と言うのは所定労働時間を満たしていないため、給料からの天引きが必要になるわけですが、時間が正確になっていないため、あやふやになってしまう事も在ります。

Girls Channel情報はこちらです。

最近は、時刻を自動的に補正してくれる電波時計が内蔵されているタイムレコーダーも在ります。

タイムレコーダーは人気のテーマです。

電波時計は電波を定期的に受信することで標準時との時間の差を計算して、遅れている場合には正確な時間を表示させ、進んでいる場合も受信された電波に含まれている標準時との時間を計算して補正してくれるなど、正確な時刻を常に表示させることが出来ると言うメリットが在ります。